盲ろう者向けの訪問型生活訓練事業等

HOME | 行事案内 | 盲ろう者向け生活訓練

事業概要

厚生労働省の委託により、盲ろう者の総合リハビリテーション・システム試行事業の一環として、盲ろう者向けの宿泊型の生活訓練や就労移行支援等を実施してまいりました。今年度は、新たな試みとして、盲ろう者の自宅へ講師を派遣して訓練を提供する訪問型の生活訓練を実施いたします。

募集要領

1.内容

視覚と聴覚の両方に障害があることで、日常生活をする上でしづらくなってしまったことに対し、見やすくする工夫や見る・聞く以外でできる方法を一緒に考え、体験します。

2.方法

 利用者のご自宅等へ講師が訪問します。
※新型コロナウイルスの感染拡大の影響から訪問が難しい場合は、Zoom等を利用したオンライン訓練も検討します。

3.訓練項目

以下の6つの内容から、1つのみ行います。どの訓練を行うかは、利用者の希望をもとに、事務局が決定します。

(1) 歩行

目的地まで一人で安全に歩く方法や安全な移動介助の受け方など

(2) 点字

点字の構成の学習、指で触って点字を読むなど

(3) コミュニケーション

指点字や手話、触手話の学習など

(4) 家事動作

調理、掃除、洗濯などの家事についての相談や体験など

(5) 金銭管理

紙幣や小銭の見分け方や整理の方法の学習、収支を把握する方法など

(6) 情報機器

メールの送受信やインターネット検索の方法の学習、現在使用しているパソコンの相談など

4.期間と回数

期間:2021年10月~2022年2月
回数:6回程度(1回につき1日間または2日間)

5.場所

 盲ろう者の自宅や地域の施設(会議室)など

6.定員

 3名程度

7.対象者

 原則として、以下の条件をいずれも満たす方。
・18歳以上で視覚・聴覚の両方に障害のある方
・事業の検証のためにアンケートやインタビューにご協力いただける方

8.費用

訓練を受けるための費用、通訳・介助員の謝金や交通費、施設を利用するためにかかる費用は当協会が負担します。

9.申し込み方法

同封の申込書に必要事項をご記入いただき、9月10日(金)までに、当協会へFAX、郵送、メールのいずれかの方法にてお送りください。

10.利用可否の決定

 当協会にて利用の可否を決定し、10月上旬ごろに選考結果通知書を送付いたします。選考にあたって、当協会職員が利用者のご自宅を訪問して、普段の生活の様子や申し込み理由などについてお尋ねすることがあります。

11.お問い合わせ・申し込み先

社会福祉法人 全国盲ろう者協会
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67番地 早稲田クローバービル3階
担当:押切、佐藤、幸澤、伊藤
TEL:03-5287-1140  FAX:03-5287-1141
E-mail:info@jdba.or.jp

12.ダウンロード

募集要領・申込書

LinkIconテキスト版

[zip圧縮済]