盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会  

HOME | 事業案内 | 盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会
画像:盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会

事業概要

 「盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会」は、厚生労働省からの委託事業として当協会が実施している研修会です。盲ろう者向け情報機器指導者の養成を図り、盲ろう者がパソコン等情報機器の操作を学ぶ機会を拡大することを目的に開催しています。

2021年度 開催要領

1.目的

今年度は、点字情報端末「ブレイルセンス」の現任指導者・サポーターを対象に、新旧ブレイルセンスの状況や、点字を触読できる盲ろう者が利用しうる新しい機器環境「BMスマートターミナル」の紹介、盲ろう者への指導における配慮すべき点、受講者を交えての指導に関する質疑応答などを、オンライン(Zoom)にて実施します。

2.主催

社会福祉法人 全国盲ろう者協会

3.日程

2022年3月6日(日)10:00~16:10(12:20~14:00は昼休憩)

4.参加方法

Web会議サービス「Zoom」を使用したオンライン参加
※Zoomに参加するための機器は受講者自身でご用意ください。
※講師がブレイルセンスの操作を画面上で示しながら説明をする場合もあるため、Zoomに参加する機器はパソコンを推奨します。

5.受講定員

20人程度(障害は不問、盲ろう者枠若干名予定)

6.研修対象者

次の条件を満たす方
・盲ろう者にブレイルセンス(U2、U2ミニ、ポラリス、ポラリスミニ、シックス)を指導した経験のある方。
・点字ディスプレイに表示されている点字(アルファベット含む)を読めること、パーキンスブレーラー方式での点字入力が可能であること。
・当協会からのメールを受信できる方。(当日のURL等をメールでお伝えするため)
※以下は受講に当たっての必須条件ではありませんが、知識として備わっていることが望まれます。
・点字を「書ける」こと。(一覧表を見ながらでも可)
・ブレイルセンスでのインターネット接続設定、メールアカウント設定ができること。

7.情報保障

(1)資料
 必要に応じて、拡大文字・点字・電子データ等を提供します。
 
(2)手話通訳
 全ての講義に手話通訳を配置し、Zoom上に投影します。
 
(3)PC要約筆記
 全ての講義にPC要約筆記を配置します。ソフトは「Captionline(キャプションライン)」を用いますが、受講者自身でインストールをして頂く必要はなく、当協会からご案内するURLを、パソコン、スマートホン、タブレットなどのブラウザから開いて頂くことで、どなたでも利用頂けます。推奨ブラウザは、Google Chrome(グーグルクローム)です。
 なお、Zoom上でのPC要約筆記の投影は、行わない予定です。
 
(4)盲ろう者向け通訳・介助員(盲ろう受講者のみ)
 盲ろう者向け通訳・介助員の派遣を受ける際には、受講者が研修を受ける会場に同席する形での受講をお願いします。
 派遣にあたっての費用(謝金、交通費等)について、地元で何らかの補助が得られる場合は、できるだけその補助を受けてご参加ください。補助を受けることが困難な場合は、当協会までご相談ください。

8.使用する機器

 本研修会における受講者の機器環境につきましては、下記の想定をしております。
 
(1)Zoom表示機器とカメラ・マイク(全受講者)
・講義のZoom画面を映す機器、ご自身を映すカメラ、発言用のマイクをご用意ください。
・パソコンを推奨します。必ずZoomのバージョンアップを行ってください。
・タブレットまたはスマートホンは、当日使用予定のZoomの機能「マルチスポットライト」の適用が制限されるため、推奨しません。
・カメラとマイクは、市販されているウェブカメラで充分です。
・通信回線は、有線接続を推奨します。無線接続の場合、動画が遅延したり、不明瞭に映る可能性があるためお勧めしません。
 
(2)PC要約筆記を表示する機器(PC要約筆記希望者のみ)
・PC要約筆記(字幕)を映す機器をご用意ください。
・タブレット、スマートホンでもご利用頂けますが、パソコンを推奨します。
・Captionlineというサービスを使って字幕を配信します。文字の大きさや背景、文字色をユーザー毎に変更できます。
・なお、退室時に必ずログを削除してください。ログの保存は認めません。
 
(3)受講時の受講者側のカメラとマイクの状態について
・原則、受講者もカメラをオンにした状態で受講してください。
・マイクは、通常はミュート(消音)の状態とし、発言時のみミュートを解除してください。
・外付けスピーカーを接続する際は、ハウリングしないようご注意ください。

9.カリキュラム

3月6日(日)
■午前の部
10:00~10:20
  開講式
10:20~12:20(司会:森下 摩利)
  パネルディスカッション「盲ろう者向けブレイルセンス指導の現場から」
   パネリスト:大河内 直之、九曜 弘次郎、村岡 寿幸、渡井 秀匡 
■午後の部
14:00~15:00(司会:渡井 秀匡)
  ブレイルセンスに関する情報提供
   (1)新旧ブレイルセンスの状況 大河内 直之
   (2)ポラリスとBMスマートターミナルの長所・短所 村岡 寿幸
   (3)アプリの解説 九曜 弘次郎
15:10~16:00(司会:協会事務局)
  受講者との質疑応答、情報交換
16:00~16:10
  閉講式
※カリキュラムは一部内容を変更する場合があります。

10.受講料

無料

11.受講証交付

全ての講義を受けた方に対し、受講証を交付します。

12.申込方法

受講を希望する方は、(別紙1)「受講申込書」、および(別紙2)「指導経験等に関するアンケート」に必要事項をご記入いただき、本紙の巻末に記載した申込先まで、メール、FAX、郵送のいずれかにてお申込ください。
なお、本研修会は全国各地より幅広く募集を行う関係上、定員を超えた場合、地域的な偏り等を考慮し、当協会で調整させていただくこともございますので、予めご了承ください。

13.申込締切

2022年2月14日(月)必着

14.選考結果通知

2022年2月18日(金)までに、受講決定の可否をメール又は郵送にて通知します。

15.申込・お問い合わせ先

社会福祉法人 全国盲ろう者協会(担当:小林、押切、伊藤)
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67番地 早稲田クローバービル3階
電話 03-5287-1140  FAX 03-5287-1141  Eメール info@jdba.or.jp

資料ダウンロード

(1)開催要領・受講申込書等

LinkIconワード・エクセル版[zip圧縮済]
LinkIconテキスト版[zip圧縮済]
LinkIcon点字版[zip圧縮済]