ご協力のお願い      

ホーム > ご協力のお願い > 税額控除制度の概要

【税額控除制度の概要】
 平成23年6月に公布・施行された「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための所得税法等の一部を改正する法律」により、一定の要件を備えた社会福祉法人に寄附した場合は、一定金額を税額から直接控除することができるようになり、当協会への寄附も該当します。

 これまで個人が社会福祉法人へ寄附金を支出した場合、所得控除制度が適用され、寄附金額から2,000円を差し引いた額が所得控除となっていました。これに対して新しい税額控除制度では一定の額を直接税額から控除できるようになったものです。

 従来の所得控除制度と新しい税額控除制度のどちらを選択してもよいことになっています。税額控除制度の適用は平成23年1月1日以降に寄附された寄附金に対して適用されます。その場合、確定申告の際に当法人の発行した領収書と同封の証明書の写しが必要となりますので、該当する方には領収書と、証明書の写しを同封致します。なお、詳細につきましては、最寄りの税務署でご確認ください。

<特別控除額の計算>
(寄附金-2,000円)×40%
=控除対象額(所得税額から直接控除される)

  • 注1:寄附金は厚生労働大臣から証明を受けた税額控除対象法人への寄附金に限ります。
  • 注2:寄附金支出額が、総所得金額等の40%を超える場合には、40%に相当する額が税額控除対象寄附金となります。
  • 注3:控除額は、所得税額の25%を限度とします。